スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

ぽぽぽぽ~ん が頭から離れないのは私だけではないはず

司法書士の瀧本です
突然ですが
こんなことがあった、という話をします

ある公共機関の話です

提出した書類で訂正箇所があるので
直してほしいというもの
確かめてみたら確かにミスをしていたので
丁重に詫びを入れ、訂正することに

ただ、相手が言っている訂正後の記載に
疑問を感じたので
確かに間違っているが、
訂正するならこうなるんじゃないか
とちょっと揉めました

20分から30分の押し問答の末、
全く納得できなかったのですが
これを訂正しないと次に進まないので
訂正して再提出しました
私としては手続き当日にどうして訂正後の記載がこうなるのか
納得のいく説明を求めようと思っていました

手続き当日、担当の人に
「この書類は間違っていて、訂正してもらったがそれも間違っている!」
と言われました
こちらとしては、やっぱりか、という気持ちで事情を説明しようとしたところ
「こちらのせいにしないでください。訂正したのはあなたでしょう。」とまさかの一言

まぁ、ここはそのくらいの対応を平気でしてくるので
いまさら驚きませんが
民間の会社なら決して許されない対応だよなぁ
と苦笑いして帰ってきました

ちなみにそれ以外は手続き自体に特に問題もなく
無事終了したので
ストレスが溜まったことを除けば
つつがなく終了ということでしょうか

この事務所に入ってもうすぐ1年
今まで信頼が置けると思っていた機関に
激しく疑問を覚えることが
増えてしまいました

この手のエピソードはいくらでもあります
また思わず書いてしまうかもしれません

まだまだ新米の司法書士ですが
もっと自分に自信をもって
仕事をしなきゃダメだなぁと思いました


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2011-04-26(Tue)
 
プロフィール

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。