スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

相続放棄のおはなし

司法書士の高柳です。
今回のお題は相続放棄のお話しです。

相続放棄とは
相続放棄というのは一般に使われている用法と正式な用法が異なる用語です。正式な相続放棄というのは家庭裁判所で行う手続で、この手続を行うと始めから相続人では無かったという取り扱いになり被相続人の権利も義務も一切相続しないことになります。ところが一般には正式な相続放棄でない時に放棄という表現が使われています。よく「父親の相続の時に子は全員放棄したので母が全部相続したよ。」というふうに言う人がいるのですが、これは実は正式な相続放棄ではなく、遺産分割協議の時に自分は何ももらわないという内容で合意したという意味なんですね。何ももらわないという点ではどっちでも同じじゃないかと思う方もいると思いますが、両者は全然違う話しです。どこが違うのかというと、子が全員相続放棄をしても妻(配偶者)が全部相続できるとは限らないのです。第一順位の相続人が全員相続放棄をすると第二順位の親・祖父母や第三順位の兄弟姉妹が相続人となります。子が全員相続放棄をすると第二順位や第三順位の人と配偶者は遺産分割協議をせねばならないので、相手の合意が無い限りすべてを相続することはできないんですね。
相続放棄は「自己のために相続が開始したことを知った時から三ヶ月以内」に手続を行う必要があります。この三ヶ月は熟慮期間と呼ばれ、放棄をするのか相続するのか考えるための猶予期間です。三ヶ月間何もしなければ、単純承認といって普通に相続をしたことになります。この手続はプラスの財産よりもマイナスの負債が多い、つまり被相続人が債務超過の時に使われる手続です。また、財産は相続して、負債は放棄するというような良いとこ取りはできません。熟慮期間中でも遺産を処分(預金を使うなど)すれば承認したことになるので放棄はできなくなります。

熟慮期間(三ヶ月)が過ぎた場合
しかし被相続人が亡くなって一年くらいたってから被相続人あての請求書が届いて借金が判明するということは往々にしてあります。このような場合は相続放棄できないのかというと必ずしもそうではありません。「自己のために相続が開始したことを知った時から三ヶ月以内」という所がポイントです。相続開始から三ヶ月ではなく、自分が相続人になったことを知った時から三ヶ月なのです。単純承認とみなされるような処分行為をしておらず、死亡時に負債があると知っていたなら放棄していたはずということであれば、家裁から相続放棄を認めて貰える可能性があります。相続開始から三ヶ月を過ぎていても申立が認められる可能性はありますので、そのような場合はまず専門家に相談してみてください。

相続順位の繰り上がり
さて、亡くなった人の借金を背負わないために相続放棄をするのであれば、相続権者の順位が繰り上がる都度放棄を行う必要があります。子全員が放棄をしたら、次に被相続人の親が相続放棄をし、親が放棄したら第三順位の兄弟姉妹が放棄をするということで順番に放棄をする必要があるということです。すべての相続放棄が終わるまで結構時間がかかるので、いくら借金の相続を免れるためとはいえ相続人にとっては結構な負担になります。
以前は消費者金融(サラ金)は団体信用生命保険に加入していたので、保険金で契約終了となる場合はこのような手続は不要だったのですが、今は保険に加入していないためこのような手続、手順が必要となります。長くなったので団体信用生命保険の話しは別の機会にいたします。




○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2015-01-09(Fri)
 
プロフィール

司法書士ふじみ野法務事務所

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。