スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

「国有地の払下げ」あるいは「自衛隊の基地に行ってきました」

突然毎日のようにブログ更新するようになった司法書士の高柳です。
エンジンがかかった所で残念ではありますが、当事務所の年内の営業は本日で終了です。新年は1月5日から営業いたします。

先日、国有地(自衛隊の鉄塔跡地)の払下げに関する説明会があったので行って来ました。
と言っても私が買うわけではなく、私が後見人をしている人が隣接地の所有者なので代わりに行って来たわけです。
今まで私は自衛隊の施設は行ったことが無かったので初体験です。元公務員で国家公務員試験の時に官庁訪問もしたので、いろんな役所に行ったことがあるのですが自衛隊は初めてでした。
それで車で説明会会場のある基地に向かったのですが、到着したら門ががっちり閉められていました。
門が閉まっていたので通り過ぎた後に「入口を間違えたかな?」と地図を見直すと入口はやっぱり門の所だったので戻りました。門の前に車を止めると中から人が出てきたので、「説明会に来た高柳です」と告げるとゆっくり門が開かれます。
門から入ったすぐのところに自衛官の方が3人もいて駐車許可証を受け取りました。駐車場まで移動する間に歩哨の人が2人いました。門から駐車場までわずか数十メートルの距離です。さすがに自衛隊基地だなという警戒ぶりでした。
建物の中に入って受付をすると説明会が終わるまで携帯電話を預からせてもらうとのこと。以前、警察署の庁舎見学に行った時は、撮影禁止とは言われたものの携帯電話を預けることまでは求められなかったので驚きました。その後に案内文を見直したら携帯預かる旨記載されていたので、本当は受付のときに驚いてちゃ駄目なんですけどね(笑)

さて前ふりが長くなりましたが、国有地の払下げです。
元々平成17年くらいからこの話が持ち上がっていて、いろいろ手続きに時間がかかってようやく準備ができたとのこと。
私が後見人になったのは平成22年のことですが、就任時からこの話を聞いていてようやくというところです。
現在は、防衛省名義ですが財務省名義に変更してから払い下げとなるようで説明は主に財務局の担当者が行っていました。
対象の国有地は三方を被後見人が所有している土地に囲まれています。残る一方は別の所有者が持っている土地に接しています。いずれにせよ道路に接していないので、入札ではなく、隣接地所有者のどちらかに買って欲しいとのこと。また、土地を分筆してそれぞれ買うという選択肢もありだが、その辺は隣接地所有者同士で話し合って調整して欲しいとのこと。
地形からすると被後見人が買う方が自然なんですが、被後見人自身は全く必要とはしていない土地です。所有している隣接地も空き地で毎年除草などの管理費がかかるので、新たに国有地を買い増しても管理費が増えるだけなのです。後見人ではなく私自身の話なら買い取って全体の土地の形を良くするというのもありですが、後見人としてとなると利用する予定の無い土地を買い取ることが適切かどうか悩むところです。
無駄な土地を買ったとなるか、土地を買い増した結果全体の所有地の形状が良くなり価値が上がったとなるか。後見人には資産運用して価値を増やすことまでは求められていないので、裁判所は前者と判断しそうな気もします。
さりとてお隣さんに買い取ってもらえば良いかというと、お隣さんも接道してない土地だけ買っても仕方がないという事情があります。
まぁ、今後のことはお隣さんと話し合うしかないですね。

では良い御年を。来年もよろしくお願いいたします。



○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2014-12-26(Fri)
 
プロフィール

司法書士ふじみ野法務事務所

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。