スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

生活保護について思うこと

司法書士の高柳です。

 私は司法書士になる前は公務員をしており、退職時には生活保護のケースワーカーをしておりました。保護課に異動した年に退職したので、それほど長く関わったわけではありませんが、今の仕事でも生活保護と関わることがしばしばあります。司法書士には生活保護の受給者や受けたいという人の支援をしている人たちがおり、相談会を実施したりしています。生活保護の知識があるということで、私も生活保護の相談会に参加することもあるのですが、支援をしている人たちとは考え方の違いというか超えがたいギャップを感じています。私が知っている生活保護と支援している人たちが論じている生活保護とは、同じもののはずですが何かが違うのですね。
 支援をしている人たちは生活保護の理念、美しい部分に目を向けますが、元ケースワーカーである私は生活保護の現実、汚い部分を見つめてきました。支援をする人にとっては生活保護受給開始はゴールですが、ケースワーカーにとっては受給者の自立へのスタートなのです。支援をしている人たちは生活保護を受け続けることを善と思っているようですが、私は保護から自立することが善と思っています。高齢で働けず年金も無いという人が自立できないのはやむを得ませんが、稼動年齢の人が自立を目指すのは当然です。
 私は生活保護の制度をもっと自立へのインセンティブを高めた制度、よりコストのかからない制度に改める必要があると考えています。でも支援をしている人たちは生活保護の制度改革にはなんでも反対のようです。果たしてこの財政難の中で無限に医療費(生活保護の医療扶助は自己負担ゼロ)が使えるような制度がこれからも維持できるのでしょうか。また、生活保護を受けている人たちは法テラスを利用すれば、弁護士・司法書士報酬はもちろん印紙などの実費まで税金から支給される(保護を受けてない人は法テラスが立て替えた費用を分割で返していく)のです。支援をしている人たちは弱い立場の人たちを守っていると考えているのでしょう。でも私は医療サービスを受け放題、法的サービスも全部無料で制度の見直しも許さないという既得権者を守る話しには同意できません。生活保護の支給額の減額についても国を訴えている人たちがおりますが、この財政難の中でデフレによる物価スライドでの減額に反対という理由が理解できません。今までがデフレなのに減額しない方がおかしかったのです。だいたいこういう人たちはインフレになったらその分の保護費の増額を要求するはずですからダブルスタンダードです。
 結局のところ生活保護のお金の出所は税金であり赤字国債なのです。支援をしている人たちは国、行政の責任追及に熱心ですが、生活保護の費用負担の問題をどう考えているのか私はよくわかりません。税金だけで賄えるのであればそれは今生きている私たち大人全員の責任ですから仕方ありませんが、赤字国債の負担を生まれながらに背負わされてくる将来の世代に何の責任があるのでしょうか。本当の弱者というのは発言権が無いまま、何の責任も無いのにひたすら借金を背負わされる今の子供たち、将来世代でしょう。
 いくら憲法で保障された権利だと主張しても、裏づけとなるお金が無ければ絵に描いた餅にすぎません。また、いくら憲法で保障された権利だといっても、国民多数の支持、理解のない制度が持続できるとも思えません。国民多数の理解の無いまま法廷闘争を重ねたところで、反感を高めるだけではと疑問に思っています。
 とこれだけ書いてきて、よく今まで一緒に相談会とかしていたなと我ながら呆れています(笑)。考え方が全部正反対で共通するところを探すのが難しい。でも反対方向に進んでいようとすれ違うだけならお互い無事に旅を続けられるというものです。近づくと衝突する危険があるので安全のため距離を取った方がお互いのためかなと最近は考えています。結局のところお互い自ら正しいと思う道を進むしかないですから。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2014-12-18(Thu)
 
プロフィール

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。