スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

人生で初めて雨を好きになりかけています

副都心線と東横線がつながりました
実家が横浜市内にあるので
次に実家に帰るときは使ってみようと思います
早ければ1時間ほどで横浜に着くようです

司法書士の瀧本です

雨が降ると
自分はホントに花粉症なんだなぁ、と実感します
晴れの日と雨の日では鼻の具合が全然ちがうんです(笑)

さて今年度もそろそろ終わりです
司法書士にとって年度変わりというのはいろいろ気を使います
税金が変わったり証明書の手数料が変わったり評価額が変わったり…
毎年のこととはいえ慎重にやっていこうと思います

ところで過払い請求は最近減ってきています
過払いに対する対応がひどくなっている業者も増えてきました
お話にならない和解案を提示してその金額で和解できないと
なぜかこちらを責め立ててくるような口調
代理人がついているにも関わらず本人の意向をちゃんと聞いているのか
しきりに聞いてくるところもあれば
司法書士の代理権について主張するところもあれば
会話の端々をとらえて揚げ足を取るような発言をするところもあれば…
ここまで読んで分かるとおり今日は愚痴です(笑)

ある業者との交渉は基本的に所長がやっているので
私は話を聞くだけだと今日も伝えたのですが終始高圧的…
私が本人への意向確認の有無のメモを見落としていたのも悪いので
何ともいえないのですが
その点については相手方業者の担当者の方には大変申し訳なく思います

当事務所は和解案があればそれがどんな内容であっても一応念のため
本人に意向を確認することにしています
(ちなみに私見ですが、お話にならない和解案を、
代理人が本人に伝える必要は必ずしもないと思っています)
まぁ実際は意向確認したうえで和解を断っているのに
本当に意向確認しているのか信じていただけないんですけどね

こちらを責めたいならもっとましな提案ができないのかと思うのです
そもそも過払い請求において、和解によって決着しなければならない
という決まりはどこにもありません
裁判手続きに入った以上、粛々と裁判を進めていけば本来それでいいはずです
こちらは善意で相手の話を聞いているのに、
聞いたことによって責められるのならいっそ和解の話は何もしない方がいいような…?

とはいえ相手も相手なりの考えをもって交渉してきているので
こちらの都合のいい言い分ばかり言っても仕方のないことなんですけどね
返還する過払い金を少しでも減らしたいがための手段として
どのような選択をするかは自由であると思っていますので
常識の範囲内では、ですが
必死なのは分かるのですが
方向が間違っていると思うことが多々あります

また、ご本人自ら交渉してみた結果、あまりにも理不尽な交渉をされたために
当事務所へ相談された方も中にはおられます
満額はいらないけどその金額はあまりにもひどいんじゃないか
という方が大半ではありましたが
そういった方からは、その業者に対しては他の業者より厳しめに交渉するよう
お願いされることがほとんどです
人間ですから当たり前だと思います
代理人は自己の感情に流されてはいけませんが
本人の感情はそのまま本人の意向になりますよね

最近過払い金についての新聞記事が出たこともあったので
私なりの考えをつらつらと書いてみました

最近短めだったのでたまにはいいかと思って長文にしてみました
過払いもそうですが他にも思うところはたくさんあるのですが
また悲しい気持ちになったときに愚痴ろうかと思います(笑)


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2013-03-28(Thu)
 
プロフィール

司法書士ふじみ野法務事務所

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。