スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

メガネがよく曇る季節です

テレビでよく見る星座占い
順位をつけてそれぞれの星座にアドバイスをしています
今日見た星座占いの最下位へのアドバイスは
「気力で乗り切りましょ~」
そういうことじゃないんだよ、と言わずにはいられませんでした

司法書士の瀧本です

明け方の寒さが異常だと思うのは私だけでしょうか
もう寒くて目が覚めてしまいます(すぐまた寝ますが)
年末が好きといいながら早く春になってほしい今日この頃です

今日は会社の設立について少し

自分で会社を始めようというのですから皆さんこだわりがあります
その中で我々も気を遣うのが設立日です

例えば、新しい役員を入れました、とか、本店を移転しました、とか
登記も変更する必要がある場合、1月1日付で取締役に就任した、本店を移転したので
登記してくださいというご依頼になるかと思います
実際に登記を申請した日が1月4日になったとしても
1月1日を就任日、移転日として登記簿に載せることが可能です

しかし、設立日は違います
会社設立は設立登記を申請した日が設立日として登記簿に載ります
設立日を1月18日にしたい場合、必ず1月18日に登記申請しなければなりません
この点で、司法書士としても設立日には気を遣うのです
設立日が決まっていればその日に向けてスケジュールを立てて準備をしていきます

登記申請した日が設立日になるということは
登記申請できない日、つまり法務局がお休みの日は
設立日にはできないということになります
先ほどの例のように、取締役の就任や本店移転は1月1日付でできますが、
会社設立は1月1日付にはできないということになります

もし会社設立をお考えの方で設立日にもこだわりたい、という方は
まずカレンダーをチェックしてみてください


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2012-01-18(Wed)
 
プロフィール

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。