スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

--------(--)
 

行きましたか?川越祭り

この前の土日は川越祭りでした
私は土曜日に行ったのですが、天気が悪かったので少し残念でした
でもお祭りのあの屋台の雰囲気とかいいですよね
B級グルメの屋台が多かったのが印象的でした

司法書士の瀧本です

川越祭りといえば山車です
山車にいろんなところで出くわします
お囃子や曳っかわせはついつい見入ってしまいます


今日も建物明渡について

断行日についてですが、
明渡しの催告にも関わらず退去しない場合は
いよいよ強制退去させることになります
荷物をすべて運び出し、倉庫に保管します
そして最後に鍵を取り替えて終了となります

ただ実際には断行日の直前に退去することが多いそうです
その場合の多くは、いらないものは部屋に残したまま、
必要なものだけ持って出ていくそうです

本人は出ていって、しかし物は残っている
こういった場合、手続きはどうなるんでしょうか
執行官の話では、テレビ、エアコン等の家電などが残っているときは
大家さんが勝手に処分したりするのはやめてほしいとのことでした
本人が出て行ったとしても、断行日に執行官と現地へ赴き、
執行官が「これは処分していい、これは一定期間保管しなさい」と振り分けます
保管するものは一定期間保管し、本人が取りに来なければ
競売にかけるなり処分したりします

運び出す費用、保管する費用、取り替える鍵の費用がかかるわけですが
これがなかなか高いんです
部屋にあるもの全部運び出して保管するわけですから費用は当然かかります
通常の引越と違い、荷物は全く整理されていませんし、具体的に何が残っているかも
わからないので手間もかかります

強制執行まで行く場合は全部で100万円程度かかるかもしれないという覚悟がないと
なかなか厳しいものがあります
直前になって出ていく場合が多いことを考えれば実際にそれほどかかることは
そんなに多くないのかもしれませんが、手続きが進んでしまっているときに
「そんなにお金かかるならやらなかったのに」とならないためにも覚悟はしておく必要があると思います
また、一番費用がかかるのは運び出す費用なので、部屋をきれいにして出て行ってくれると安くあがることになります

費用について付け加えておくと、強制執行の申立てをするときに、
予納金というお金を納めます
この金額は管轄する裁判所によって違いますが、埼玉では最低額は6万円です
ここから執行官の日当や交通費等が差し引かれ、余れば戻ってきます

ある程度立退料を支払ってでも話合いで解決できるならしてしまった方がいい
ということを分かっていただけましたでしょうか

最近やもりが現れなくて心配です
今日のお昼は事務所でピザを頼みます


○●ランキング参加中! よろしければ1クリックお願いします●○
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ

2011-10-20(Thu)
 
プロフィール

司法書士ふじみ野法務事務所

Author:司法書士ふじみ野法務事務所
埼玉県ふじみ野市にある司法書士事務所です。
債務整理・不動産登記・商業登記・成年後見・遺言書作成など、当事務所は相談料は無料ですので、お気軽にご相談ください。
事務所のHPはこちら↓
http://office-fujimino.com/

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ ふじみ野情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
無料相談予約
ご質問・ご相談予約はこちらのフォームからも承っております。
◎債務整理について◎
依頼者の方の債務の状態やご希望により、任意整理・自己破産・民事再生・特定調停の4つのメニューが選択できます。裁判所の判例の変更により、いわゆるグレーゾーン金利の貸出しが認められなくなり、過払い金の請求の可能な事例が増えています。消費者金融への借金返済でお悩みの方は、お役に立てるとおもいますので是非当事務所にご相談してください。詳しくは、当事務所HP債務整理のページをご覧下さい。
http://office-fujimino.com/saimuseiri.html
◎不動産登記について◎
不動産登記の名義書換には売買・贈与・相続・財産分与(離婚)・氏名変更など内容によって必要書類などが異なります。当事務所HPでは、市民の方が直接司法書士に依頼することが多いと思われる登記手続きとして「相続登記」・「抵当権抹消登記」・「贈与などの所有権移転登記」について詳しく説明しています。もちろんここで挙げられていない登記についても取り扱っていますので、お気軽にご相談してください。詳しくは不動産登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/fudousan.html
◎商業登記について◎
会社設立、役員変更、商号変更、目的変更、本店移転など各種登記の申請手続きを取り扱っています。また、会社法施行による会社の定款や機関の見直しも対応いたします。ホームページをご覧になって会社設立のお申し込みをいただいた場合は、インターネット割引として実費込みで26万円で会社設立の手続きをいたします。詳しくは商業登記のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/syogyo.html
◎遺言書について◎
自分が亡くなった後に身内で遺産を巡って争いになることは誰しも望んでいないと思います。相続人同士が争う「争族」とならないためには、自分の意思を生前に遺言として残しておくことが一番です。詳しくは遺言のページをご覧ください。
http://office-fujimino.com/yuigon.html
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。